九州を食べるマン!(熊本湯島/鹿児島)

今年はブログの更新がんばるぞ!
と思った矢先に、約2ヶ月間のサボりをぶちかましてしまった。

どうかこんな私を愛してください。

熊本の猫島こと湯島の美味しいお店

 

猫ちゃんが大好きすぎて湯島に行きました。

そのことを自慢げにTwitterに更新したところ、心優しきフォロワーさんから「南風泊(はえどまり)というお店、おすすめです!」と情報が。

まずどうしたら南風が「はえ」と読むことになるのかよく分からない。

 

いざ、調べてみたら「メニューが1200円のおまかせ定食しかない」と情報があり

・その日捕れた魚によってメニュー内容が変わる

・お母さんがめちゃくちゃ元気で面白い

・とにかく量が多い

 

という、美味いの三大条件が全てそろったような情報が出てきたので行くことに。

その日、たまたま出会ったトラベラーの方に南風泊について聞いたところ「パーティーみたいな量出される」「お腹いっぱいなのに米のおかわりを促してくる」と震え声で言っていた。

 

店主のお母さん、もしかして童話のヘンゼルとグレーテルに出てくる魔女みたいな人なのかな。

 

丸々とでっぷり太らせて、きっと次の日「女の刺身」として闇のおまかせ定食として出されるかもしれない…怖い…

しかし、恐怖とは裏腹に食欲に背中を押され私は南風泊の前まで来ていた。

事前に電話して予約とかまでしっかりしていた。

(ちなみに南風泊は予約必須の人気店です。行く方は予約の電話を忘れずに!)

 

パーティーの始まり

 

結論、めちゃくちゃパーティー楽しませてもらいました。

写真撮るの忘れたくらいには楽しませてもらいました。ありがとうお母さん。

メバルの煮付け、小エビの素揚げと、なまこ、イカ・タコの刺身、お味噌汁、ごはん。

(あとサーモンもあった気がしたけど、夢かもしれない。)

が、それぞれ大量にお皿に盛られていて興奮した。

 

お刺身で一番うまいのは結局醤油!と思っていたけど、ここのお刺身はすべて「甘み」がすごくて感動した!!

お刺身が新鮮すぎて甘いって、なんかもうすごい。

その昔、阿藤快さんが「美味い飯は甘い」って言ってたのを思い出した。

快さんの言う通りだわ。

ここのお醤油も、お母さんの企業秘密な醤油らしい。

そして、はじめてなまこを食べようと思ったんだけど

やっぱりなんか、おどろおどろしい。

素直にお母さんに「なまこ怖い」って言ったら「食わず嫌いはダメ!」と一喝されたので半べそかきながら食べました。

 

なんかよく分からないけど、なまこ美味しい。

美味しいの幅を広げてくれてありがとう、お母さん!

ありがとうスローライフ湯島!朝から晩までスローな時間を過ごさせてもらいました。

みんなもぜひ行ってみてね

鹿児島のヤバい団子

 

熊本を去ったあとは、鹿児島の友達ゆりえちゃんに会いに行きました。

ゆりえちゃんはピュアで汚れを知らないキュートな女の子。

そんな妖精さんのようなゆりえちゃんが…

ちんこ団子。

そしてこれを”読んでみて”と照れながら言うゆりえちゃんにちょっとした狂気を感じてしまった。

大切な親友を怯えた目で見てしまって申し訳ない。

 

 

でも、こういう少し狂気じみた人間が将来日本を担う立派な社長になったりする。

は?何の話?

 

ちんこ団子は見た目こそみたらし団子っぽいが、そこまで甘みは無く

お米の甘さとシンプルな焦がし醤油が安定のマッチ!

そもそもどうしてちんこ団子という名前になったのか、ゆりえちゃんが熱弁してくれたが

「すごい熱くちんこ団子を語る」という姿がおもしろすぎて、なにも覚えていません。

ぜひググってみてね。

合法的にちんこを連続で言える素敵なアイテムをありがとう。

 

今回は日数が少なくて、熊本鹿児島を食べ尽くすことが出来なかったけど

どっちもすごく楽しかったからまたゆっくり行きたいな~ちんこ団子まとめ買いしたいし。

 

さて、次回の更新は日曜日だよ!

最近ファミマが身を削ってる件についておススメ商品と共に更新します!

楽しみにしててくれよなっ!!

Advertisement